カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

日本初「星空保護区」に申請 西表石垣国立公園 – 沖縄タイムス

9月10日付の沖縄タイムスでも日本初「星空保護区」申請が報じられました。
 
石垣市と竹富町は、西表石垣国立公園を「ダークスカイ・パーク」に申請し、10月には認定の見込み。現在、世界で85カ所が認定されており、日本国内では初。今回は竹富町内の街灯の一部がIDAの基準を満たしていないため暫定認定となり、3年以内の改修で本認定となります。
 
日本初「星空保護区」に申請 西表石垣国立公園 – 沖縄タイムス
3年以内に街灯改善で来月、暫定認定
IMG_3975-6
 
将来的には石垣島市街地の街灯も改善し、石垣市全域を「ダークスカイ・コミュニティ」に認定されることを目指します。人口5万人規模の都市が星空保護区に認定されることは世界にもほとんど例がなく、認定されれば光害のない夜のまちづくりの世界最先端モデル都市となることが期待されます。
 
日本で初めて電気による街灯が灯ったのが明治11年の銀座。地球が誕生してから46億年が経過しますが、ここ最近のたった130年余りで地球上はかつてないほどの人工の光に溢れ、自然の夜空が急速に失われました。それにより、星空が見られなくだけでなく、生態系や人体への悪影響、エネルギーの浪費など深刻な光害が及ぼされています。
 
急な変化による異変はなかなか認知されないもので、大きな問題が発生してからやっと対応するのがこれまでの人類の歴史です。かつては、産業革命以降、工場などから立ち上る煙が街の発展の象徴と言われていました。その後、1952年イングランド・ロンドンで1万人以上が死亡した史上最悪規模の大気汚染による公害事件「ロンドンスモッグ」は、現代の公害運動や環境運動に大きな影響を与え、現在では先進国の都市部を中心にクリーンな街づくりが当たり前となっています。
 
星空保護区は、未来の都市デザインに関わるものです。今は、夜が明るい街は経済発展の象徴のように思われていますが、これからはスマートでクリーンな街のライティング設計こそが、発展した地域の象徴となっていき、光害のない夜の街づくりは必ず次の時代のスタンダードになります。既にその流れは始まっており、東京スカイツリーなど最新施設では、エネルギー浪費と光害を抑制した最新の技術が導入され、敷地外への光漏れを極力なくし、下町である周辺住宅街に対し光害が抑えられた設計となっています。
 
石垣島がこれだけの人口規模で光害のない都市設計を行い、人の暮らしと星空や夜の生態系が共存する街づくりを実現できれば、間違いなく世界に素晴らしい見本となり、次世代の夜の都市のあり方を示すことになります。
 
今回の国内初「星空保護区」認定をきっかけに、石垣島・八重山諸島が世界に先駆けた新たな夜の都市デザインを進めていくことが期待されます。
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)

カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

10月にIDAが暫定認定 西表石垣国立公園陸域内 – 八重山毎日新聞

昨日、西表石垣国立公園の国内初の星空保護区申請について、石垣市長、竹富町長と共に記者会見を行いました。
 
10月にIDAが暫定認定 西表石垣国立公園陸域内 – 八重山毎日新聞
一部認定の基準満たさず ダークスカイ・パーク
32206.星空保護区10月認定
左から西大舛髙旬竹富町長、中山義隆石垣市長、星空ツーリズム株式会社代表取締役の上野貴弘
 
星空保護区申請に向けて行われた西表石垣国立公園内の街灯調査で、全683基のうち70%以上を占める高圧ナトリウム灯が水平方向からわずか0.9%上方に光が漏れていることが分かり、IDAの基準を満たしていませんでした。
 
3年以内に全体の3分の2以上の街灯を上方拘束0%の基準に改修することを条件に、今回は暫定認定となる見込みです。
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)

カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

国内初の星空保護区の申請受理 – 琉球朝日放送

本日、国内初となった西表石垣国立公園の星空保護区申請について、石垣市中山義隆市長、竹富町西大舛髙旬町長に対し、委託を受けた星空ツーリズム株式会社の上野貴弘より、一連の調査・申請業務の完了を報告させて頂きました。
 
米国の国際ダークスカイ協会(IDA)本部に正式に受理された「西表石垣国立公園 ダークスカイ・パーク申請書」は、両市町長に提出させて頂き、メディアにも公開されました。
 
今回の申請に伴う夜空の明るさの調査結果や認定に向けた今後の見通しなどをご報告。夜空の明るさ調査では、星空公団が開発したデジタル一眼レフカメラを用いた精密な測定方法が導入され、IDA本部の認定制度の統括責任者ジョン・バレンタイン氏からは「これまで提出された申請書の中でもっとも科学的に優れたレポートだ」との評価を頂きました。この調査で、特に石垣島の久宇良では、IDAが設定する最高ランクの暗さの数値21.75[mag/arcsec²]を大きく上回る、21.95[mag/arcsec²]の測定結果が得られました。
 
この報告会の模様は、琉球朝日放送の当日夕方のニュース「Qプラス」にて報じられ、そのニュース映像はこちらからご覧になれます。
国内初の星空保護区の申請受理
darksky
 
星空保護区の認定決定は10月の見込みです。
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)

カテゴリー: スタッフだより | コメントは受け付けていません。

石垣島「美ら星マイスター」育成講座が開講!

石垣市観光交流協会公認の星空マイスター制度「美ら星マイスター」育成講座が9月1日に開講しました!
 
マイスター育成講座が開講 星空ガイド – 八重山毎日新聞
32192.星空マイスター講座開始
 
3年目となる今年度の講師は弊社代表の上野貴弘が務めさせていただくことになりました。11月まで5講座(5単位)+補習講座(2単位)の全6回行い、うち3回は実際の星空のもとで行う実践的な野外講座となります。
5単位取得で最後の認定試験を受験することができ、試験合格者は晴れて「美ら星マイスター」として認定されます☆
 
国内初の星空保護区認定も目前に控え、石垣島では星空観光ニーズがすごい勢いで高まっていますが、星空ガイドができる地域の人材が不足しています。今回定員を超える32名の受講生が集まりましたが、この講座を通じて今後の石垣島の星空観光の担い手になっていただきたいと願っています。
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)