カテゴリー: プレスリリース | コメントは受け付けていません。

日本初の「星空保護区」認定

沖縄県・八重山諸島に位置する西表石垣国立公園が国内初の「星空保護区」に認定されました。アジア全体で2番目、世界では59番目の「ダークスカイ・パーク」となります(星空保護区全体では96番目)。ランクは Silver tier です。
 
星空保護区内で撮影された八重山諸島の星空
IMG_4855-2
 
星空保護区とは、光害のない暗く美しい夜空を保護するためにつくられた国際的な認定制度です。これまで、世界の美しい星空を有する地域95カ所が認定されていましたが、今回の認定は日本初の快挙となります。
 
実際に専門家による夜空の暗さの調査で、基準(20.00mag/arcsec²以上)を大きく上回る21.62〜21.99mag/arcsec²の測定結果が得られ、八重山諸島の星空は世界トップレベルであることがわかりました。
 
この非常に優れた星空環境を保護していくため、石垣市から委託を受けた星空ツーリズム株式会社(代表 上野貴弘)が調査・申請業務を行い、2017年7月、石垣市と竹富町が西表石垣国立公園陸域内(40,653ha)を「ダークスカイ・パーク」として国際ダークスカイ協会(IDA、米国アリゾナ州)に申請しました。
 
星空保護区の審査過程において、自治体が管理する公園内の屋外照明683基の内、510基(74.7%)を占める高圧ナトリウム灯がわずか0.9%上方に光が漏れていることが判明し(上方拘束0%が基準)、その改修計画についてIDAと石垣市・竹富町サイドで議論となりました。条件の擦り合わせの結果、年次毎の目標改修率(1年目10%、2年目30%、3年目55%、4年目90%、5年目100%)を定め、最終的に5年以内に公園内のすべての屋外照明を改修する方針が決定し、今回は暫定認定となりました。
 
今後の屋外照明の改修という課題はありますが、現状において八重山諸島の星空が世界基準で認められた形となり、この星空資源を活用した地域の観光振興が期待されます。同時に星空の大切にする機運が益々高まり、八重山諸島の夜の自然環境や固有の生態系が持続的に保全されていくことにもなります。
 
国内初の星空保護区として、人の暮らしと星空が共存する街づくりをリードし、暗い夜空の価値を国内外にこの地域から発信できればと思います。
 
━━━━━
 
石垣市・竹富町によるプレスリリース
⻄表石垣国立公園が「ダークスカイ・パーク」に認定
 
IDA米国本部によるリリース
First International Dark Sky Place Established In Japan
 
IDA東京支部による上記リリースの日本語訳
日本初の「星空保護区」が誕生
 
西表石垣国立公園(日本) – IDA米国本部認定ページ
Iriomote-Ishigaki National Park (Japan)
※星空保護区申請書も掲載
 
━━━━━
 
【星空保護区認定制度について】
国際ダークスカイ協会が2001年に始めた「ダークスカイプレイス・プログラム」(和名:星空保護区認定制度)は、光害の影響のない、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度です。認定には、屋外照明に関する厳格な基準や、地域における光害に関する教育啓発活動などが求められ ます。「ダークスカイ・パーク」「ダークスカイ・コミュニティ」など5つのカテゴリーがあり、全てのカテゴリーの認定地を総称して、国内では「星空保護区」と表記しています。
星空保護区認定制度ウェブサイト
 
【国際ダークスカイ協会について】
国際ダークスカイ協会(IDA)は、光害問題に対する取り組みで先導的な役割を担う組織として、世界中で広く認知されています。1988 年に設立され、米国アリゾナ州ツーソンにある本部と、世界 18 ヵ国の 64 支部(2018.3 現在)を有する NPO 団体です。
国際ダークスカイ協会ウェブサイト
 
━━━━━
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)