カテゴリー: 星空浴ツアー日記 | コメントする

地球の自転を感じる

石垣島の星空浴ツアーが行われている場所は、360°全天見渡せる星空スポット。
 
ここでは、空と地平線の境が、地球の自転を感じるさせてくれます。
 
北の低い空、北斗七星がどんどん沈み、カシオペア座がどんどんあがっていく。北極星を中心に星が動いていく様子は、地球が自転していることをモロに目の当たりにします。それもそのはず、1時間のツアーで15°も天体が動くからです。
IMG_2172
 
今日もたくさんのお客様と石垣島の星空と天の川を楽しみました*・゚☆
IMG_2331
 
IMG_2330
 
IMG_2335
 
IMG_2334
 
IMG_2333

カテゴリー: 星空浴ツアー日記 | コメントする

土星の輪

昨日の石垣島の星空浴ツアーでは、お孫さんと一緒の3世代ご家族、中学生のお子様のいるご家族と、とても賑やかで楽しい時間を共有することができましたヾ(≧∪≦*)ノ
 
天体望遠鏡を使っての土星の観測も大盛りあがり。「こんなふうに見えたよ〜」とカラダで表現する方もいらして、初めて見た土星の輪っかに大興奮(*^ワ^*)
 
IMG_2235
 
IMG_2249
見えている星が多過ぎて、星の話も盛りだくさん*・゚☆*・゚
 
IMG_2266
 
IMG_2263
 IMG_2283
ツアーが終わった後は、スタッフみんなで土星ポーズ(★>U<★)

カテゴリー: 星空浴ツアー日記 | コメントする

天の川を浴びる

本日も素敵なお客様の方々と石垣島の星空浴ツアーを楽しみました☆
 
8月の満月を過ぎてから石垣島では連日快晴!満天の星空と天の川が絶好調*・゚☆*・゚まさに“天の川を浴びる”ような体験です。
 
IMG_2210
IMG_2223
IMG_2209
IMG_2213

カテゴリー: 星空浴ツアー日記 | コメントする

天の川って、つながってるんだ。

今日、星空ツアーにご参加頂いたお客様が呟かれた一言です。
 
南の水平線から天の川の最も濃い部分が立ちのぼり、そのまま天頂を超えて、北のサトウキビ畑の地平線まで、天の川は確かにつながっています。
 
お客様のありままの表現に「なるほど・・」「あ、そう感じるんだ」といつも感心させられます。
 
天空を縦断する天の川の一部、北の空の薄くなる部分にカメラを向けました。
 
IMG_2170

カテゴリー: 星空浴ツアー日記 | コメントする

星、星、星!!!天の川ドーーーン!

石垣島、今日もヤバいくらいの星、星、星!!!天の川ドーーーンですよ!
 
南の水平線から立ちのぼった天の川が、頭上を越えて北の地平線までアーチを描く。
 
西の空には春の星座、天頂には夏の星座、東の空には秋の星座、同時に3つの季節の星々に囲まれる。
 
天体望遠鏡を使っては、土星の輪っかや、オレンジとブルーのコントラストが美しい白鳥座の二重星「アルビレオ」、東の空から上がってきた秋に見える「アンドロメダ銀河」までご覧頂くことができました。
 
こんな体験って・・・
 
通常、1時間の星空浴ツアーですが、見えている星の数にご紹介したい星の話が追いつかず、時間をかなりオーバーして1時間半。
 
しゃべり倒しても、それでもしゃべり足りない・・・
 
あーーーあの話しできなかった、この話したかった、と終わった後もずっと考えていた程です(笑)
 
そんなんだから、星空の写真を一枚も撮る間もなく、みなさんにお伝えできなのは残念ではありますが、是非“生”で見に来てください!
 
 
 
新月前の月明かりの全く無い、星空浴ピークを迎えている石垣島の星空浴ツアーへのお申し込みはこちら。

カテゴリー: 星空浴ツアー日記 | コメントする

石垣島、5つの流星を観測

「石垣島のペルセウス座流星群ツアー」にて、夜明けを迎える。
IMG_0197
 
13日未明に行われた、星空ツーリズム主催の「石垣島のペルセウス座流星群ツアー」が無事終了しました☆彡
 
早朝4:30スタートというかなりシビれる時間帯・・・、開催直前には土砂降りに見舞われるという最悪なコンディションの中、なんと13名もの方々にお集りいただきました。
 
スタート時には、雨もおさまり空一面を覆っていた雲もサーッと引き始め、オリオン座・ふたご座・牡牛座など冬の星空が広がってくるという幸運。そして、まずは一発目!東の空に一筋の流星が流れました。その瞬間、ワーッ!と歓声が涌き上がりました。
 
その後は雲が行き交い、360°見渡せる空全体の内、星空が見えている範囲は平均して2〜3割程度。それでも約1時間の観察で、雲間から5つの流星を観察することができました。
 
いつもツアー中に見ている流れ星よりも流れが速く、スピード感のあるシャープな感じがかなり気に入りました。
もっと晴れ間が広がっていればまさに浴びるような流星シャワーを体感できると感じ、今から来年のペルセウス座流星群が楽しみです☆彡
 
また、人工衛星の飛来や、天体望遠鏡を使ってのスバルや欠け始めのスーパームーンの観察、東の空から綺麗に昇ってきた明けの明星(金星)など、雲が多いながらも見応えのある空の様子でした。
 
では、また来年お会いしましょう♪

カテゴリー: 星空浴ツアー日記 | コメントする

月ぬ美しゃ(つきぬかいしゃ)

昨日の星空浴(月光浴)ツアーでは、スペシャルゲストをお招きしました!
 
星空コーディネーター“でーみ”の三線の師匠であり父でもある、
東筋 秀吉(あがりすじ ひでよし)さん。→ ディコグラフィ
 
ツアー後半、美しい月夜の空を眺めながら、八重山で古くから伝わる民謡「月ぬ美しゃ(つきぬかいしゃ)」を唄三線で披露いただき、深みのあるやさしい唄声と熟練された三線の音色は、八重山ならでは特別な夜空を感動的に演出してくれました。
 
「月ぬ美しゃ」とは、「月の美しさ」。
「美しゃ(かいしゃ)」は、単に美しいという意味だけでなく、「愛おしい」というニュアンスが含まれています。八重山の人々が古くから心を寄せた月への想いを今に伝えます。
 
 
月ぬ美しゃ(出典:私設かってに観光協会)
tukiyo_1
 
 
世界に類をみない星と月の文化。八重山の夜空は特別です。

カテゴリー: 星空浴ツアー日記 | コメントする

月暈(つきがさ)

今日の石垣島の星空浴ツアーでは、月の周りに光の輪ができる月暈(つきがさ)・ハローという現象が見られました。
 
上弦の月が、とても上機弦♪
 
img00143
 
今日は天の川や夏の星座たちも見え、天体望遠鏡では月のクレーターや土星の輪っか、白鳥座の二重星「アルビレオ」を皆さんに見て頂きました。
 
これから益々月が明るくなりますが、月光浴もまたオツなものです。これが自然体の楽しみ方♪
 
満月が欠け始める12日頃までの月光浴ツアーも月暈(つきがさ)が見られるか!?楽しみです。