カテゴリー: 星空浴ツアー情報 | コメントは受け付けていません。

今夜、こと座流星群が極大!

4月22日(月)夜〜4月23日(火)明け方は、4月こと座流星群が見頃です☆彡
 
1時間に10個程度の流星が期待され、石垣島では22:03月の出のため、ちょうど星空浴ツアーが行われる21:00-22:00は月明かりが無く観測のチャンス!
 
流星を見つけるコツはなるべく広い視野で夜空を見上げること。お見逃しなく☆彡
 
CrhjTdeUIAAYQrU.jpg-large
※写真は石垣島星空ファームで撮影に成功した別の流星
 
 
 
ツアーメニュー
official
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)


カテゴリー: 星空浴ツアー情報 | コメントは受け付けていません。

平成最後の月光浴、明日から星空浴☆

今夜はツアー開始(21:00)直後、21:04に月の出が見られる平成最後の月光浴ツアーとなります。
83d7fcc82917398563d9f94a5e5bf5f9_m
 
昨夜の石垣島では、水面を照らす美しい十六夜(いざよい)が癒しの空間を演出してくれました。今夜は天気が心配ですが、平成最後の石垣島の麗しき月、令月を期待したいところです。
 
明日4月22日からは、月の出がツアー終了後となるため、月明かりのない星空浴ツアーとなります*・゚☆
IMG_5700-2
 
そしていよいよ南十字星のシーズン到来です!例年4月末〜5月頭に見え始め、6月半ばまで見頃となります。本州では見ることのできない南洋の低い空に浮かび上がるサザンクロスをこの機会にお見逃しなく!
IMG_3353-6
 
 
 
ツアーメニュー
official
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)


カテゴリー: 星空浴ツアー情報 | コメントは受け付けていません。

GW〜南十字星のシーズン到来!

石垣島・八重山諸島だから見られる南十字星

 
いよいよ今年も「南十字星」の見頃のシーズンが迫ってきました☆
 
宮良の「石垣島星空ファーム」で南十字星が見られる時期

5月GW〜6月半ば

 
さらに、見頃を終える最後の1〜2週間には、南十字星が沈みかけると同時に夏の天の川が上がって来ます。南十字星と天の川の共演を見られるのも、360°地平線の石垣島星空ファームならでは天体ショーです*・゚☆
IMG_3949-4
 
南十字星の正式な星座名は「みなみじゅうじ座」で、全天88星座の中で最も小さい南天の星座です。オーストラリアやニュージーランドの国旗にも描かれている南半球を代表する星座でもあります。
 
本州からは見ることのできない南十字星を是非見にきてください*・゚☆
 
 
 
ツアーメニュー
official
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)


カテゴリー: スタッフだより | コメントは受け付けていません。

新元号「令和」の由来となった万葉集の現代語訳

今日、平成の次なる時代の元号が発表されました。
 

令和(れいわ)

 
典拠は日本に現存する最古の歌集「万葉集」の次の歌です。
 
初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす
 
現代語訳
初春のよい月で、空気は澄んで風は穏やかで、梅は鏡の前の美人が白粉で装うように花開き、蘭は衣に纏う香のように薫らせる。
 
令が、よい月を意味する「令月」に由来していることを知り、とても嬉しくなりました。
 
八重山では古くから伝わる民謡「月ぬ美しゃ(つきぬかいしゃ)」という歌があります。
 
「月ぬ美しゃ」とは、「月の美しさ」。
 
石垣島・八重山諸島で見る月はとても美しく、まさに「令月」です。
 
平成最後の月夜、次の時代に想いを馳せながら石垣島で「令月」を見に来ませんか。
 
IMG_1150
 
今月ツアー中に月が見られる、平成最後の「令月ツアー」
2019年4月9日〜21日
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島星空ファーム – 星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)


カテゴリー: 星空浴ツアー情報 | コメントは受け付けていません。

石垣島星空ファーム行きオープンバス運行開始!

2019年4月1日より、市街地と石垣島星空ファームを結ぶ専用バスが、屋根の無いオープンバスとなります!
 
sorabus-2
 
石垣島星空ファームまでの道中、石垣島の夜景や、間近に迫り来る信号機や並木ロードなど、解放的な夜のドライブをお楽しみください♪
 
バス料金や運行ルートも4月1日より改定されます。
詳しくはこちらのツアーページをご覧ください。
石垣島星空ファーム 星空浴ツアー【4/1からのご予約受付】
 
 
◆3/1よりオープンバス先行運行◆
そして!4月1日からの正式運行に先立ち、3月1日よりオープンバスの先行運行を開始致します!!
3月31日までは従来のお安いバス料金で、乗降ポイントも変わらず運行致します。この機会に是非ご利用ください♪
石垣島星空ファーム 星空浴ツアー【3/31までのご予約受付】
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島星空ファーム – 星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)


カテゴリー: 星空浴ツアー情報 | コメントは受け付けていません。

石垣島星空ファーム 2019年シーズンオープン

昨年、西表石垣国立公園が日本初の星空保護区に認定されて以来、国内外から熱い注目を集めているここ石垣島・八重山諸島*・゚☆
 
その石垣島の中でも!随一の星空スポットが「星空ファーム」にて、今年初の星空浴ツアーが2月2日開催されました☆(2月1日オープン予定でしたが、その日はあいにくの悪天候・・・)
今シーズン初日は、50名を超えるたくさんのお客様にご参加頂き、誠にありがとうございました!中には「星空ファーム」に来るためだけに千葉県から来たというお客様もいらっしゃって、とても嬉しい限りです。
 
むりかぶし(スバル)、冬の天の川、冬のダイヤモンド、オリオン大星雲と、魅力溢れる冬の星々が夜空いっぱいに広がり、見事な“星びらき”☆
IMG_5104-4
 
2019年2月のツアーの夜空は下記となります。
12日まで星空浴*・゚☆
13日〜20日月光浴☾
21日〜星空浴*・゚☆
 
この時期のツアーご参加の際は、暖かい服装でお越しください。夜はとても冷え込みます。また、現地にはお手洗いがございませんのでご注意ください。
 
今シーズンも、たくさんの方々のご参加お待ちしております*・゚☆
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島星空ファーム – 星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)


カテゴリー: プレスリリース | コメントは受け付けていません。

日本初の「星空保護区」認定

沖縄県・八重山諸島に位置する西表石垣国立公園が国内初の「星空保護区」に認定されました。アジア全体で2番目、世界では59番目の「ダークスカイ・パーク」となります(星空保護区全体では96番目)。ランクは Silver tier です。
 
星空保護区内で撮影された八重山諸島の星空
IMG_4855-2
 
星空保護区とは、光害のない暗く美しい夜空を保護するためにつくられた国際的な認定制度です。これまで、世界の美しい星空を有する地域95カ所が認定されていましたが、今回の認定は日本初の快挙となります。
 
実際に専門家による夜空の暗さの調査で、基準(20.00mag/arcsec²以上)を大きく上回る21.62〜21.99mag/arcsec²の測定結果が得られ、八重山諸島の星空は世界トップレベルであることがわかりました。
 
この非常に優れた星空環境を保護していくため、石垣市から委託を受けた星空ツーリズム株式会社(代表 上野貴弘)が調査・申請業務を行い、2017年7月、石垣市と竹富町が西表石垣国立公園陸域内(40,653ha)を「ダークスカイ・パーク」として国際ダークスカイ協会(IDA、米国アリゾナ州)に申請しました。
 
星空保護区の審査過程において、自治体が管理する公園内の屋外照明683基の内、510基(74.7%)を占める高圧ナトリウム灯がわずか0.9%上方に光が漏れていることが判明し(上方拘束0%が基準)、その改修計画についてIDAと石垣市・竹富町サイドで議論となりました。条件の擦り合わせの結果、年次毎の目標改修率(1年目10%、2年目30%、3年目55%、4年目90%、5年目100%)を定め、最終的に5年以内に公園内のすべての屋外照明を改修する方針が決定し、今回は暫定認定となりました。
 
今後の屋外照明の改修という課題はありますが、現状において八重山諸島の星空が世界基準で認められた形となり、この星空資源を活用した地域の観光振興が期待されます。同時に星空の大切にする機運が益々高まり、八重山諸島の夜の自然環境や固有の生態系が持続的に保全されていくことにもなります。
 
国内初の星空保護区として、人の暮らしと星空が共存する街づくりをリードし、暗い夜空の価値を国内外にこの地域から発信できればと思います。
 
━━━━━
 
石垣市・竹富町によるプレスリリース
⻄表石垣国立公園が「ダークスカイ・パーク」に認定
 
IDA米国本部によるリリース
First International Dark Sky Place Established In Japan
 
IDA東京支部による上記リリースの日本語訳
日本初の「星空保護区」が誕生
 
西表石垣国立公園(日本) – IDA米国本部認定ページ
Iriomote-Ishigaki National Park (Japan)
※星空保護区申請書も掲載
 
━━━━━
 
【星空保護区認定制度について】
国際ダークスカイ協会が2001年に始めた「ダークスカイプレイス・プログラム」(和名:星空保護区認定制度)は、光害の影響のない、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度です。認定には、屋外照明に関する厳格な基準や、地域における光害に関する教育啓発活動などが求められ ます。「ダークスカイ・パーク」「ダークスカイ・コミュニティ」など5つのカテゴリーがあり、全てのカテゴリーの認定地を総称して、国内では「星空保護区」と表記しています。
星空保護区認定制度ウェブサイト
 
【国際ダークスカイ協会について】
国際ダークスカイ協会(IDA)は、光害問題に対する取り組みで先導的な役割を担う組織として、世界中で広く認知されています。1988 年に設立され、米国アリゾナ州ツーソンにある本部と、世界 18 ヵ国の 64 支部(2018.3 現在)を有する NPO 団体です。
国際ダークスカイ協会ウェブサイト
 
━━━━━
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)


カテゴリー: 星空浴ツアー情報 | コメントは受け付けていません。

星空ファーム川平

国内初の「星空保護区」に認定されたエリアの一つ、石垣島・川平で見上げる絶景の星空*・゚☆
 

石垣島の新たな星空スポット、「星空ファーム川平」がオープン!

星空保護区とは、世界中の美しい星空を保護する国際的な認定制度で、日本で初めて西表石垣国立公園が「星空保護区」に認定されました。そのエリアの一つ「川平」は石垣島の市街地から離れており、とても暗い夜空が保たれ、非常に優れた星空環境が残っています。
 
そのエリアに位置する石垣シーサイドホテルの星空浴ツアー専用スポットが「星空ファーム川平」です☆
 
Kabira_thumbnail
 
オープン期間は、2018年4月3日〜10月31日(土曜日を除く)となり、一人一人にリクライニングチェアが用意され、認定を受けた専門の星空ガイドによる星や星座の詳しい解説、宇宙の不思議や謎などインスピレーションを刺激するようなお話を聞くことができます。
IMG_5769-4
 
季節によって様々な星座を楽しむことができますが、特に夏の天の川は圧巻!7月〜10月半ばまで見ることができます。また、流れ星もとても多く出現し、ツアー中に多い時で5〜6個見れることも☆彡
IMG_4329-5
 
世界に誇る、石垣島の星空のもとでいつでもお待ちしております*・゚☆
 
「星空ファーム川平」で行われる星空浴ツアーのツアーの詳細はこちら
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)


カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

日本初「星空保護区」に申請 西表石垣国立公園 – 沖縄タイムス

9月10日付の沖縄タイムスでも日本初「星空保護区」申請が報じられました。
 
石垣市と竹富町は、西表石垣国立公園を「ダークスカイ・パーク」に申請し、10月には認定の見込み。現在、世界で85カ所が認定されており、日本国内では初。今回は竹富町内の街灯の一部がIDAの基準を満たしていないため暫定認定となり、3年以内の改修で本認定となります。
 
日本初「星空保護区」に申請 西表石垣国立公園 – 沖縄タイムス
3年以内に街灯改善で来月、暫定認定
IMG_3975-6
 
将来的には石垣島市街地の街灯も改善し、石垣市全域を「ダークスカイ・コミュニティ」に認定されることを目指します。人口5万人規模の都市が星空保護区に認定されることは世界にもほとんど例がなく、認定されれば光害のない夜のまちづくりの世界最先端モデル都市となることが期待されます。
 
日本で初めて電気による街灯が灯ったのが明治11年の銀座。地球が誕生してから46億年が経過しますが、ここ最近のたった130年余りで地球上はかつてないほどの人工の光に溢れ、自然の夜空が急速に失われました。それにより、星空が見られなくだけでなく、生態系や人体への悪影響、エネルギーの浪費など深刻な光害が及ぼされています。
 
急な変化による異変はなかなか認知されないもので、大きな問題が発生してからやっと対応するのがこれまでの人類の歴史です。かつては、産業革命以降、工場などから立ち上る煙が街の発展の象徴と言われていました。その後、1952年イングランド・ロンドンで1万人以上が死亡した史上最悪規模の大気汚染による公害事件「ロンドンスモッグ」は、現代の公害運動や環境運動に大きな影響を与え、現在では先進国の都市部を中心にクリーンな街づくりが当たり前となっています。
 
星空保護区は、未来の都市デザインに関わるものです。今は、夜が明るい街は経済発展の象徴のように思われていますが、これからはスマートでクリーンな街のライティング設計こそが、発展した地域の象徴となっていき、光害のない夜の街づくりは必ず次の時代のスタンダードになります。既にその流れは始まっており、東京スカイツリーなど最新施設では、エネルギー浪費と光害を抑制した最新の技術が導入され、敷地外への光漏れを極力なくし、下町である周辺住宅街に対し光害が抑えられた設計となっています。
 
石垣島がこれだけの人口規模で光害のない都市設計を行い、人の暮らしと星空や夜の生態系が共存する街づくりを実現できれば、間違いなく世界に素晴らしい見本となり、次世代の夜の都市のあり方を示すことになります。
 
今回の国内初「星空保護区」認定をきっかけに、石垣島・八重山諸島が世界に先駆けた新たな夜の都市デザインを進めていくことが期待されます。
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)


カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

10月にIDAが暫定認定 西表石垣国立公園陸域内 – 八重山毎日新聞

昨日、西表石垣国立公園の国内初の星空保護区申請について、石垣市長、竹富町長と共に記者会見を行いました。
 
10月にIDAが暫定認定 西表石垣国立公園陸域内 – 八重山毎日新聞
一部認定の基準満たさず ダークスカイ・パーク
32206.星空保護区10月認定
左から西大舛髙旬竹富町長、中山義隆石垣市長、星空ツーリズム株式会社代表取締役の上野貴弘
 
星空保護区申請に向けて行われた西表石垣国立公園内の街灯調査で、全683基のうち70%以上を占める高圧ナトリウム灯が水平方向からわずか0.9%上方に光が漏れていることが分かり、IDAの基準を満たしていませんでした。
 
3年以内に全体の3分の2以上の街灯を上方拘束0%の基準に改修することを条件に、今回は暫定認定となる見込みです。
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebook
星空ツーリズム石垣島
 
Twitter
星空ツーリズム(@yaeyamahoshi)