カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

TOKYO FM「東京プラネタリー☆カフェ」公開録音のお知らせ

七夕の夜、7月7日(木)19:30より、ルミネ新宿 ルミネ1 屋上 エルテラスにて、篠原ともえさんがパーソナリティを務めるラジオ番組「東京プラネタリー☆カフェ」の公開録音が行われます。
 
今回、石垣島の国内初「星空保護区」応援企画として、星空ツーリズムの上野貴弘がゲストとして出演をさせて頂きます。昨年も出演させて頂きましたが、今回は公開イベントということで楽しみです。また、宮沢賢治詞曲の「星めぐりの歌」をリリースしたばかりのミュージシャン・坂本美雨さんもご出演です。会場では、ビクセンの天体望遠鏡や双眼鏡での星空観望会も行われますので、みなさんと一緒に新宿の夜空でスターパティしましょう☆
 
無料観覧スペースも若干ありますが、スペースに限りがあり入場制限させて頂くこともあります。この屋上ではビアガーデンも行われていますので、そちらをご予約頂いてビール片手に観覧もいいですね♪
 
放送日は、7月9日(土)20:30〜を予定しております。番組ホームページでポッドキャストも配信されますので、見に来られない方は是非ラジオの方をお聴きください♪
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島


カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

琉球新報コラム「失われる天の川」

琉球新報コラム 落ち穂(2016年6月27日)
最終回「失われる天の川」
 
いよいよ、夏の天の川が見頃を迎える。八重山諸島では、6月の梅雨明けから晴天率の高い夏をピークに10月頃まで見ることができる。南の水平線から立ちのぼり、自分の頭上を超えて、振り返ると北の地平線までアーチを描く天空の大河は圧巻だ。
まさに「天の川にくるまれている」と言える状態だが、実際にその天の川は地球の裏側までぐるりと回り込んでいる。天の川銀河とも言われ、2千億個以上の星が渦巻状に集まっている銀河系の姿だ。太陽はその中の一つの星に過ぎず、私たちの住む太陽系はこの天の川銀河の中にある。天の川は、決して遠くの宇宙を見ている訳ではない。私たちの「居る」場所を見ているのだ。
先日、世界人口の3分の1が天の川を見ることができないという研究結果が報道された。世界の都市部を中心に街の照明などよる「光害」が広がっているためだ。日本では約7割が肉眼で天の川を見られない。長い人類の歴史の中で、たった百数十年前までは当たり前にあった天の川が、急速に失われつつある。
1994年に起きたロサンゼルス大地震の際、住民たちから緊急センターに「奇妙な、巨大な銀色の雲が見える」との通報が殺到したというエピソードがある。雲の正体は、街の停電によって浮かび上がった天の川だった。それ程、天の川を見たことがない人たちが多くいることを物語っており、日本も例外ではない。
国内でも数少ない、優れた星空環境が八重山諸島に残されている。広大な海に囲まれた小さな島々は街の明かりが少なく、自然の暗い夜空が保たれている。日本列島の大部分を覆うジェット気流からも外れ、大気のゆらぎが少なく、星がクリアに輝くのもこの地域の特徴だ。また日本の最南端北緯24度という立地は、天の川の最も明るい部分である銀河の中心「バルジ」が空高く見え、その輝きが海面を照らす光景は神秘的だ。
国内初の星空保護区認定候補地である八重山の星空は、世界に誇る日本の宝だ。まだ天の川を見たことのない多くの人たちに、ここ八重山の天の川を是非見に来て欲しい。
 
星空ツーリズム社代表
上野 貴弘
 
IMG_3926-4
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島


カテゴリー: 星空浴ツアー情報 | コメントは受け付けていません。

いよいよ天の川の見頃を迎えました*・゚☆

<今後のツアー内容の予定>
 
7月11日まで、星空浴。
→東の空に雲が無ければ、天の川を見ることができます*・゚☆
 
7月12日から21日まで、月光浴。
→12日は上限の月。20日の満月に向けて日に日に明るさを増していきます。
 
7月22日は、前半星空浴、後半月光浴。
→東の空に雲が無ければ、ツアー中に「月の出」を見ることができます。
 
7月23日から、星空浴。
 
 
東の空に架かる天の川 @石垣島星空ファーム
IMG_3876-7
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島


カテゴリー: 星空浴ツアー情報 | コメントは受け付けていません。

22日まで月光浴、23日から星空浴*・゚☆

沖縄地方は昨日梅雨明しました。石垣島では心地よいカーチバイ(夏至南風)が吹き、昨日今日とも快晴です。
 
本日は月齢12で月明かりが強く、6月20日には満月を迎えます。
 
<今後のツアー内容のお知らせ>
6月22日まで、月光浴ツアーとなります。月明かりの影響で細かい星は見えなくなりますが、天体望遠鏡や双眼鏡を使った月や惑星(木星・火星・土星)の観察を行っております。月のクレーターや土星の輪っかも見えたりします。22日は、東の空に雲が無ければ、美しい「月の出」を見ることができます。
6月23日〜7月11日までは、星空浴ツアーとなります。東の空が晴れていれば、天の川を見ることができます*・゚☆
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島


カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

琉球新報コラム「星の数はいくつ?」

琉球新報コラム 落ち穂(2016年6月13日)
第12回「星の数はいくつ?」
 
水平線の際まで星が埋まる八重山諸島の満天の星空は、星があり過ぎて星座を結ぶのが難しい。一体いくつの星が見えているのだろう。
1等星、2等星、3等星…この分類は星の明るさを示したものである。肉眼で見えるのは6等星まで。これは、古代ギリシアの天文学者ヒッパルコスが定めたもので、最も明るい星たちを1等星とし、人の眼でぎりぎり見える最も暗い星たちを6等星とした。その間の星の明るさは6段階に分けられ、1等級の差は約2.5倍、1等星と6等星の明るさの差は100倍となる。
肉眼で確認できる6等星までの星の数は、全天で約8600個ある。地平線より上半分しか見えないから、一度に見える星の数は最大で約4300個ということになる。
その中で、1等星は全天で21個あり、八重山諸島ではその全ての1等星を見ることができる。ちなみに本州から見える1等星は16個。本州ではお目にかかれない5つのレアな1等星は、南十字星のα星とβ星、ケンタウルス座のα星とβ星(八重山の方言でパイガ星)、エリダヌス座のアケルナルという星である。
南十字星は5月から6月中旬まで見頃を迎え、本州からもたくさんの観光客が南十字星を見ようとやってくるようになった。この時期の八重山諸島の観光資源となりつつある。
ケンタウルス座のα星は、太陽系から最も近い星で、その距離は約4.39光年。お隣の星でありながら、あまり馴染みがないのは本州から見えないからだろう。
「秋の1つ星」と言われる、みなみのうお座の1等星フォーマルハウトは、本州から見える秋の唯一の1等星である。しかし、八重山諸島では2つ目の1等星として、アケルナルが南の低い空に姿を現す。
海に囲まれ、暗い夜空を持つ八重山諸島では、その星の数に圧倒される。そして、その一つ一つの星の光は、約4年前の光もあれば、数万年前の光もある。広大な宇宙の空間と違う過去が一度に目に飛び込んでくる、まさに時空を超えた不思議な光景である。
約4300の星の光に囲まれる体験をぜひ八重山諸島で。
 
星空ツーリズム社代表
上野 貴弘
 
IMG_3738-6
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島


カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

琉球新報コラム「七つ星の物語」

琉球新報コラム 落ち穂(2016年5月31日)
第11回「七つ星の物語」
 
5月も終わるこの時期、日が暮れて間もない20時頃に北の空を見上げると、北斗七星が一年で最も高い位置に輝いている。おおぐま座の一部で、大きなひしゃくの形で有名だ。
北斗七星にまつわる伝承や民話は、世界各地に数多く存在する。それだけ、この七つの星の並びは、遠い昔から人々を魅了し、様々な物語を紡ぎ出してきた。
八重山では「北にある七つの星」という意味で「ニシナナツブシ」と呼ばれている。方言で北のことを「ニシ」と言うからややこしい。そして、もちろん八重山にもこの北斗七星にまつわる民話がある。
「星女房」という、北斗七星の上から二つ目に輝く母子星のお話。地上に舞い降りた天女が、貧乏でも真面目に働く青年と結婚し、かわいい男の赤ちゃんも生まれた。家族仲良く暮らしていたある日、北斗七星の星が六つしかないことが村中に気付かれ、天女が見つかってしまう。知られたからには天に戻らなくてはならない。天に昇る時、我が子だけは連れて行きたいと、赤ちゃんを抱きかかえて天に帰り、もとの七つの星に戻った。
実際に北斗七星の二つ目の星(ミザール)を双眼鏡で見てみると、その明るく輝く星のすぐとなりに、小さな星(アルコル)がちょこんと並んでいるのがわかる。本当にお母さん星と赤ちゃん星が寄り添っているように見えるから面白い。
八重山の古民謡「ムリカブシユンタ」にも北斗七星が登場する。天の神様が「この島を治めよ」と命令され、北斗七星はそれを断り北の空へ追いやられ、スバル(ムリカブシ)は命令に従い天の真ん中を通るようになった。北斗七星は、日本本土では北極星のまわりを一年中回り続け、沈むことはないが、八重山は緯度が低いため地平線の下に沈んでしまう。北の空に追いやられた逸話がそのまま実際の夜空で表現されている、八重山ならでの印象的な光景だ。
その土地に伝わる星の物語に思いを馳せて、この七つの星を見ていると、より生き生きと、あの特徴的なひしゃくの並びが心に焼きつく。
 
星空ツーリズム社代表
上野 貴弘
 
サトウキビ畑に沈む北斗七星
IMG_4133-2
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島


カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

琉球新報コラム「月が好きになった」

琉球新報コラム 落ち穂(2016年5月17日)
第10回「月が好きになった」
 
満月が近づきつつある此の頃、夜な夜な星の光は消えていき、明るさ増す月の光が辺り一面に広がるサトウキビ畑を照らしていく。気付けば、自分の影が足元から伸びている。周りに街灯が無い、石垣島のとある畑の夜の光景だ。
月明かりの無い夜は、自分の手の平が見えない程の暗闇に包まれ、満月の夜には本が読める程明るくなる。1ヶ月かけてこれ程までに変化する自然の夜の明暗差のグラデーションを、街明かり溢れる東京で暮らしてきたこれまでの人生で知る由もなかった。八重山には「月ぬまぴろーま節」という、月が真昼間のように明るい様を歌った民謡がある。石垣島に移住した今ではその意味を肌身で実感している。
日本では月の満ち欠けによって風情ある呼び名が付いている。十五夜の満月の次の夜は十六夜(いざよい)といい、満月よりも月の出が遅れることから、「月が出るのをためらっている」という意味でそう呼ばれている。十七夜はさらに月の出が遅れ、「今か今かと立って待つ」ことから立待月という。十八夜はまたさらに遅れ、立って待つのは辛いから「座って待とう」ということで居待月といい、もっと遅れる十九夜になると「寝ながら待とう」と寝待月という。昔の日本人は、どれだけ月が出てくるのを待ち侘びていたのかと思う。
そして、日本の古い和歌には、月の美しさを歌った歌が極めて多くあり、月を愛でる文化が根強くあった。反面、星の美しさを歌った歌はほとんど見られない。人工の明かりのない昔であれば、満天の星空や天の川がとても綺麗に見えたはずである。以前はそれを不思議に思っていたが、石垣島で暮らすようになって、最初は星空の邪魔をする存在だった月明かりが、本当は闇を照らし夜の暮らしを豊かにしてくれるとても有難い存在だったであろう、昔の人の心中に去来する思いがした。
街明かりの少ない、暗い自然の夜空が保たれている八重山諸島では、星空の美しさだけではなく、昔の人たちが長い歴史の中で営んできた月が司る自然の夜の感覚、情緒を現代に生きる私たちに呼び起こさせてくれる。
 
星空ツーリズム社代表
上野 貴弘
 
IMG_2693
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島


カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

琉球新報コラム「南十字星に導かれて」

琉球新報コラム 落ち穂(2016年5月3日)
第9回「南十字星に導かれて」
 
八重山諸島では南十字星のシーズン到来だ。5月から6月中旬までの梅雨の中休みに見頃を迎える。とは言え、水平線近くの低い空にあるため雲がかかりやすく、そう簡単にはその姿を現してくれない。
南十字星は、日本本土からは見ることのできない、南半球を代表する星座だ。オーストラリアやニュージーランドの国旗にも象徴的に描かれている。全天88星座の中で最も小さい星座であるが、1等星を2つも持つ。ちなみに1等星は全天で21個しかない。日本では、宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」で天の川を巡る旅の最後に登場することで有名である。
人生で初めて南十字星を見たのは2013年1月。世界で最も星空が美しいと言われるニュージーランドのテカポに訪れたときだった。空を埋め尽くす無数の星の光の中から、最も小さい星座である南十字星を見つけ出すのは容易ではない。しかも同じ十字架の形をしたニセ十字も近くにあり、最初はよくそれと勘違いしてしまった。現地の星空ガイドの方から見つけ方のコツを教わると、旅の終わり頃には瞬時に南十字星を捕らえられる腕前になっていた。
その4ヶ月後、今度は日本国内で初めて南十字星を見る機会に恵まれた。まだ石垣島に移住する前だったその頃、旅で訪れた西表島で南十字星に再会した。その印象は、空高く見上げたニュージーランドのものとはかなり違った。水平線上に浮かぶまっすぐに正立した十字架は、まるで誰かがそこに飾ったかのような凛とした佇まいで、思わず手を合わせたくなるような感動的な姿だった。
その年の10月、東京から石垣島に移住した。それから毎年この時期になると「今日は綺麗に見えた!」「今日は見えなかった…」あるいは「上の3つだけ見えた」といった具合に一喜一憂する毎日が続く。今年で3年目となる。
今振り返ってみると、13年は人生で初めて南十字星を見ることができ、八重山の旅でも見ることができ、気づけば石垣島に移住していた年だった。南十字星が日本の最南端へと導いてくれたような気がする。
 
星空ツーリズム社代表
上野 貴弘
 
IMG_3353-5
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島


カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

琉球新報コラム「八重山星巡り」

琉球新報コラム 落ち穂(2016年4月20日)
第8回「八重山星巡り」
 
いつも石垣島で星空浴を楽しんでいるが、たまには八重山各離島の星空も浴びてみたい。そう思い立って、一眼レフ片手に離島星巡りをしたのが昨年9月〜10月。この時期はまだ夏の天の川もバッチリ見ることができる。
それまでに石垣島以外の離島で星空を見たことがあるのは、西表島、竹富島、小浜島。それぞれの島の雰囲気によって違う印象を与えてくれる素晴らしい星空を体験した。だからこの時は、まだ見たことのない島の星空を巡ってみたかった。きっとまたそこにしかない個性溢れる星空に会えると思ったからだ。あとは月齢と天候とにらめっこして各島1泊勝負で行くことに。
まずは、鳩間島。初めて足を踏み入れたその島はちょっと寂しいところ。日が暮れてから、民謡「鳩間節」で知られる鳩間中森の灯台を目指す。灯りが全く無い真っ暗な茂みの中を一人で入って行くのはかなり怖かったが、出迎えてくれたのは瑠璃の星空に輝く天の川と灯台だった。気づけばそこに何時間もいた。
次に向かったのは、与那国島。ここはやはり、日本「最西端之地」の碑が立つ西崎へ。この日も見事に晴れてくれて、日本最西端に架かる天の川に出会うことができた。しかし、ここでアクシデント。碑の周りはでこぼこの段差や起伏があり、真っ暗闇の中、足を滑らせて転び怪我をしてしまった。暗闇での星空観察はくれぐれもご注意を。
次の舞台は、黒島。ここでは牛と一緒に天の川を撮った。この日は抜群の晴天に恵まれ、しかも真っ平らな島。これまでに体験したことのないフルフラット360度パノラマビューの星空に包まれた。まさに、宇宙に浮かぶ地球という球体の上に自分が立っているという実感を味わうことができた。
そして残すは、波照間島。日本最南端の極上の星空がそこにあった。ハテルマブルーの海で有名なこの島の夜は、ハテルマダークとも言うべき漆黒の夜空に無数の星の光が埋め尽くす。星空観測タワーから、天の川の光が海面を照らす光景を初めて見た。
八重山諸島は全ての島で美しい星空を見ることができる。
 
星空ツーリズム社代表
上野 貴弘
 
鳩間中森の灯台と星空 <鳩間島>
IMG_4636-3
 
日本最西端の碑と星空 <与那国島>
IMG_4740-4
 
牛と星空 <黒島>
IMG_4798-3
 
フルフラット360度ビューの星空 <黒島>
IMG_4855-3
 
星空観測タワーと星空 <波照間島>
IMG_5040-3
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島


カテゴリー: メディア情報 | コメントは受け付けていません。

石垣の星空守れ 国内初の「星空保護区」目指す – 琉球朝日放送

本日14日(木)18:30〜O.A.の琉球朝日放送「ニュースQプラス」内にて、石垣島の国内初「星空保護区」認定に向けた取り組みが特集されました。
 
ニュース映像はこちらでご覧になれます。
琉球朝日放送 報道制作部 – 石垣の星空守れ 国内初の「星空保護区」目指す
16-04-14-04-580x324
 
石垣・八重山の国内初の「星空保護区」認定を目指してより一層取り組んでいきますので、みなさまのご理解ご協力をいただきますよう今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
星空ツーリズム社オフィシャルツアー
石垣島の星空浴ツアー
 
Facebookページ
星空ツーリズム石垣島